HOME 会社案内

会社案内

ペットを通じてお客様を幸せにする。

私たち
有限会社フィッシュランドイシハラの社員は、
創業明治25年の安心と信頼の
ペット総合専門店のスタッフです。

・・・ハイ、単なるペットショップの店員です。
しかし、別の言い方もできます。

ペットを通じてお客様を幸せにする─。

この目的のために集まった
真面目で熱いプロフェッショナル集団

豊かなペットライフコーディネーター(自称)
ペットのマッチングアドバイザー(自称)
ペットのことなら何でもお任せ隊(自称)
ペット飼育ノウハウの泉(自称)
歩くペット百科事典(自称)

えーと・・・とにかく・・・・・・そう、

ペットを通じてお客様を幸せにするために
お手伝いできることは精一杯やります。

事業紹介

熱帯魚

ネオンテトラなどの一般魚は、大量・多品種をフルラインナップ!

photo

高級コリドラス、国産グッピー、アピスト、古代魚、珍プレコやまれにしか輸入されない珍魚・美魚も元気いっぱい揃えております。

海水魚

エンゼルフィッシュやチョウチョウウオ、クマノミ!

photo

チョウチョウウオ、ハギ、スズメダイ、大型・小型エンゼルフィッシュ、クマノミ類、ハゼ類、ニセスズメ類、その他多数!

日本淡水魚

淡水魚もお任せ下さい!淡水二枚貝、ナマズ、ドジョウなど!

photo

タナゴ類、ドジョウ類、ヨーロッパ産、モロコ類、淡水二枚貝、その他コイ科、その他多数!

金魚・錦鯉

イシハラでは100年以上前から、当時の先端の観賞魚文化を提供してきました!

photo

現在、金魚・淡水魚コーナーは池以外にも大型、中型水槽130台でゆとりを持った飼育をしています。

水草

水槽の中に自然を再現するネイチャーアクアリウム。

photo

「住環境と人の心に、うるおいと安らぎを」をテーマに理想の素材とシステムを提供するのが、フィッシュランドのコンセプトです。

珍しい鳥、美しい声で鳴く鳥、迫力のある鳥やフクロウのコーナーです。

photo

鳥ってよく見るととてもかわいくて、ずっと見ていても飽きません!

爬虫類・両生類

爬虫類、両生類、昆虫のコーナーです。

photo

リクガメ、ヘビ、カメレオン、トカゲなど、ちょっと人と違ったペットを飼ってみてはいかがですか。

子犬・子猫選びのポイント

子犬・子猫選びの際に知っておきたいポイントを分かりやすく解説!

詳しく

イシハラの健康チェック

イシハラは徹底した健康管理にこだわります!!

詳しく

イシハラはトータルサポート

イシハラには4つの力があります。それは発掘力・スタッフ力・管理力・サポート力です!

詳しく

生命・医療保険は当たり前!

ペットのいざというときの安心とサポートの為にペット保険のご検討を。

詳しく

お引き渡しまでの流れ

ご契約からお引き渡しまでの流れをご説明します。

詳しく

お得なスターターセット

ただいま準備中です。
 

詳しく

犬の十戒

ペットを飼うにあたり、お約束して頂きたいことがあります。

詳しく

経営理念

健康で高品質なペットと関連事業において、独自の高い技術とサービスにより、癒し・信頼・感動をお客様に提供する。スタッフとともに会社を成長させ、地域と文化に貢献する。

ご挨拶

有限会社フィッシュランドイシハラ代表取締役 石原 弘基

有限会社フィッシュランドイシハラは、1882年山梨県甲府市において石原国吉により石原養魚場として創業、食用鯉の生産販売のパイオニアとしてスタート。

やがて金魚・鯉に主力を移し、1976年春より熱帯魚・海水魚を加えた総合観賞魚と各有力メーカー代理店として組織化。

国内海外との独自のネットワークを通じてフルラインナップ。生産・卸・小売部門のアンテナショップを直営し、「健康で高品質なペットと関連事業において、独自の高い技術とサービスにより、癒し・信頼・感動をお客様に提供する。スタッフとともに会社を成長させ、地域と文化に貢献する。」を理念として、ペットを通じてお客様を幸せに出来るよう、日々努力しております。

魚や動物とのふれあいを通じて、楽しさ・おもしろさ・心の安らぎを直接体感していただくために屋内売場800平方メートル・水槽設備500台の大型アンテナショップを直営しております。

熱帯魚・海水魚・金魚・鯉・水草・爬虫類・設備用品そして各種水槽展示のアクアインテリア館・屋外錦鯉売場・25m×15mの釣り堀と、お客様にご満足していただけるよう各コーナーを専門化しております。さらに犬・猫・鳥・小動物などを扱う大型専門店を併設し、こちらもご好評をいただいております。

いつでも楽しい会話と適切なアドバイスが出来るよう専門スタッフがお待ちしております。

また、より一層お客様に幸せを提供させて頂くため、アクア関連の工事やリース部門や、ペット部門の美容部門、ペット予防医療センター併設・望月ドックスクールとの提携しつけ教室などの新たなサービスをご提供させて頂いています。

約120年にわたって多くのお客様に育てて頂きました。お客様の信頼に応えるべく感謝の気持ちでスタッフ一同、日々の改善、努力してまいります。

有限会社フィッシュランドイシハラ
代表取締役 石原 弘基

会社概要

会社名 有限会社フィッシュランドイシハラ
所在地 〒400-0858
山梨県 甲府市 相生 3-5-40
1F フィッシュランド TEL. 055-233-5676
2F ペットワールド TEL. 055-233-5653
2F ペット美容室・ホテル TEL. 055-233-5621
代表者名 代表取締役社長 石原 弘基
設立年月日 明治25年
設立年月日 平成2年10月1日 組織化
資本金 1,000万円
従業員数 30名
業務内容 熱帯魚・海水魚・金魚・錦鯉・水草・鳥・・猛禽類・爬虫類・両生類・昆虫・犬・小動物・サル等各種ペットの販売。またこれらの飼育用品の販売。
釣り堀りの運営
業務用水槽・各種水処理設備・造池等の工事/リフォーム
しつけ教室の運営
ペット美容室・ペットホテルの運営
犬・猫の繁殖場の運営
許認可情報 動物取扱業登録
(販売)第1071038号 責任者 石原益貴
(保管)第1071039号 責任者 齋藤由子
登録日 平成19年5月18日 有効期間 平成29年5月17日
取引銀行 銀行名 :山梨中央銀行 支店名 :甲府駅前支店
口座番号:普通 364214
口座名 :ユ)フィッシュランドイシハラ

メディア掲載

甲府商工会議所だより(2015年9月号)に弊社が掲載されたシリーズ記事「創業100年企業に学ぶ(Vol.39)」の全文をご紹介いたします。

~ここから~

~生き物を通じて人々を幸せにする会社であり続ける~

フィッシュランドイシハラ(甲府市相生3丁目 代表取締役 石原弘基)は1892年(明治25年)、現在地にて初代國吉(くにきち)が創業した。國吉は田畑に囲まれ、荒川に近い地の利を活かして鯉や金魚の養殖と鯉の釣り堀を始めた。釣り堀という娯楽を事業として始めたのは、全国初だと伝えられている。

釣り堀、店舗(大正15年頃)

2代目一夫は釣り堀という娯楽をさらに発展させ、金魚の釣り堀に切り替えた。鯉やフナではなく、色鮮やかな観賞魚を釣るという奇抜な発想が受けて、大変な盛況ぶりだったという。4代目益貴(現会長)は当時の状況をこう振り返る。『2月から5月が金魚釣りのシーズンで、毎年、春の風物詩にもなっていた。堀の周りに順番を待つ人だかりができて、ずいぶん賑やかでした』。

しかし、当時は周辺にパルプ工場がいくつも操業しており、引き込んだ水を介して工場の汚水が入り魚は全滅してしまう。この当時の様子は新聞にも大きく取り上げられている。見出しは"パルプが先か~農水産が先か"。県ではパルプ産業を奨励する一方、県下の農家に食用鯉の稚魚を供給する事業を石原家に委託していたのだ。田んぼで鯉を育てることで土壌改善になるだけでなく、育った鯉は貴重なたんぱく源としても貴ばれていた。記事からも廃業の危機が読み取れるが、これをきっかけに川の水をひくのではなく、井戸水を循環ろ過する方式に切り替え、難局を乗り越えることができた。しかし、やがて、戦争という更なる試練が降りかかることになる。

賑わう釣り堀(3代目邦弘の頃)

3代目邦弘は特攻隊として出征中に終戦を迎え、幸いにも命を落とすことは無かったが、空襲で池は崩壊、魚も全滅してしまった。家と店舗は奇跡的に助かった。戦地から戻った邦弘は不屈の精神で再興を期し、荒れ果てた池を一から整備し直したという。

戦争が終わり、少しずつではあるが人々に笑顔が戻るようになった。邦弘の奮闘で、人気のあった釣り堀や金魚・錦鯉の販売に加えて、家族一丸となって熱帯魚や海水魚も扱うようになり、観賞魚の専門店として発展していくことになる。

4代目益貴(現会長)の時、1992年(平成4年)には石原養魚場を㈲フィッシュランドイシハラとして法人化、1998年(平成10年)には、犬、猫、小鳥などを扱うペット販売業としてリニューアルオープンを果たした。創業から三代、養魚を家業の中心としてきたが、これに加え"ペット"を総合的に扱う事業へと踏み出したのだ。『祖父(二代目)や父親(三代目)が趣味で飼っていた、大型の輸入犬が何頭もいる環境で育ったから、自然と犬や猫も扱いたいと思うようになった。2人とも盆栽や刀剣の鑑定など多趣味で、私の身の回りに常にそういうものを置いて、生き物を見る"審美眼"を養ってくれてたんじゃないかと思う』と益貴会長は話してくれた。

昨年の10月、5代目の弘基社長に伝統ある"イシハラ"の看板は引き継がれた。現在では、創業から継承されている釣り堀やペットの販売に加え、犬猫のトリミングや熱帯魚の水槽のリース、造池、水処理設備、ペットホテル、しつけ教室、動物病院など、ペットのあらゆるニーズに専門的に応えてくれる企業となっている。

店内に設けられた水族館コーナー

創業から120年もの間、家業を継ぎ、成長し続けることができた秘訣はどこにあるのか。代々語り継がれている教えを益貴会長に、これからの展望を弘基社長にお聞きした。

益貴会長 『生き物に携わり、生き物を通じてお客様を喜ばせるのが我々の使命だから、お客様を大切にし、決して人と争うな』とよく言われました。

弘基社長は、『これからも時代の変化に対応しながら、ペットを通じてお客様を幸せにしていきたい』と語ってくれた。

取材した日(8月11日)、釣り堀の横には夏休みに親子連れで楽しめるようにと、水族館コーナーが造られていた。(上から3番目の写真)

いつの時代も、『イシハラ』には人を喜ばせたいという気持ちにあふれている。

現在の店舗(益貴会長と弘基社長)

~ここまで~

甲府商工会議所だより September.2015  No.719に掲載

動物取扱業登録店 許認可情報

A
有限会社フィッシュランドイシハラ
代表取締役 石原益貴
山梨県 甲府市 相生 3-5-40
有限会社フィッシュランドイシハラ
山梨県 甲府市 相生 3-5-40
第1071038号
平成19年5月18日
平成29年5月17日
販売
石原益貴
B
有限会社フィッシュランドイシハラ
代表取締役 石原益貴
山梨県 甲府市 相生 3-5-40
有限会社フィッシュランドイシハラ
山梨県 甲府市 相生 3-5-40
第1071039号
平成19年5月18日
平成29年5月17日
保管
齋藤由子
▲